シミの種類とその対策法を検証してみました

 

   顔にできるシミにはいくつかの種類があり
          その種類によって対策が変わります。

 

シミは作らないようにするのがベストですが、もう出来てしまったシミは仕方ありません。
少しでも改善するように、自分の顔にできてしまったシミの種類と、自分の肌質を確認して対策を考えましょう。

シミを作らないための対策はこちら

 

炎症性色素沈着タイプのシミ

炎症性色素沈着タイプのシミは、ニキビや吹き出物の跡、無理に毛を抜いた跡、顔そりによる傷痕など、皮膚に与えられた刺激がもとで炎症を起こした部分に色素が残って沈着してしまった結果できます。

 

対策:ピーリングをしたり、ビタミンC 誘導体が含まれている美容液を使ったりすることで、肌の新陳代謝を活発にし、シミを薄くしたり、消したりすることができます。

 

 

肝斑

肝斑は、30代から40代にかけて発症するシミで、頬骨やひたいなどにもやっと広がるようなシミが左右対称にできます。
肝斑のできる原因は、紫外線からの刺激やストレスですが、その他にも女性ホルモンが影響しているのではないかと考えられていて、妊娠や、経口避妊薬が原因になることがあります。

 

対策:色素沈着抑制効果をもつ内服薬トラネキサム酸を服用すること、肝機能を改善するための漢方薬を服用すること、ビタミンC、ハイドロキノンが含まれている美容液を使うことで、肝斑を治すことができます。
肝斑の内服薬は、皮膚科で処方してもらうことができます。
シミに効くおすすめの化粧品はこちら
シミ取り化粧品ランキング|顔のシミ・くすみ・そばかすに

 

 

老人性色素斑

老人性色素斑は、シミの中で最も多いシミで、長年浴び続けてきた為に肌に蓄積された紫外線の影響で加齢とともに現れる薄茶色の円状のシミです。
生活状況により個人差がありますが、40代になると、多くの人にでき始めます。
日焼け止めを使わなかった、戸外での仕事に関わっているなどの理由で、紫外線を多く浴びた人は、40代になる前に、老人性色素班が出てしまうこともあります。
日焼けすると肌が黒くなるのは紫外線から肌を守るためにメラニン細胞が働く為なのですが、加齢によって、皮膚の新陳代謝機能が落ちてくると、黒くなった肌を完全に戻すことができなくなり、部分的に黒い部分が残ってシミとなってしまうのです。

 

対策:肌に残ってしまったメラニンを取り除くことでシミを薄くしたり、治したりすることができます。
シミが薄いうちは、美白美容液や化粧水で治ることもありますが、濃くなってきた場合には、メラニンを取り除く為に、メラニンの合成を抑えるハイドロキノンクリーム、新陳代謝を促し、メラニンを取り除くレチノイン酸クリームを使うのが有効な方法です。
また、美容クリニックで、メラニン色素を破壊するレーザー治療を受ける方法もあります。

 

 

ソバカス

ソバカスは思春期にでき始めることの多い細かい茶色いシミが撒いたようにできる遺伝的なシミです。
色白な肌の人に症状が出やすく、日光に当たると濃くなったり、増えたりします。

 

対策:皮膚科、美容クリニックなどでレーザー治療を受けるのが有効な治療方法です。

 

 

脂漏性角化症(老人性疣贅)

いぼのようなシミで皮膚の色と変わらないものから淡褐色、黒色までいろいろな色をしていて、平らだったり、盛り上がっていたりします。加齢とともにでき、大きくなったり、増えたりします。

 

対策:このタイプのシミは、内服薬や外用クリームなどで治すことはできません。
皮膚科で小さいうちに処置してもらうのが、有効な方法です。
患部の大きさによって、電気焼灼、冷凍療法、レーザー治療などの中から、症状に適した治療が行われます。

 

 

花弁状色素斑

急激に日焼けをした時に、紫外線による刺激で皮膚が炎症を起こしたために発症するシミで、花びらのような形をした小さなシミがソバカスのように散らばってできます。

 

対策:皮膚科、美容クリニックなどでレーザー治療を受けるのが有効な治療方法です。

 

 

色素沈着型接触皮膚炎(慢性反復性接触皮膚炎)

化粧かぶれの一種で、化粧品に含まれる質の悪い油分のせいで、皮膚に炎症を起こし、メラニンが真皮に吸収されて顔の広い部分が黒くなってしまうシミです。

 

対策:化粧品に含まれていた皮膚に悪影響を与えた物質を取り除く為に、皮膚科、美容クリニックなどでレーザー治療を受けるのが有効な治療方法です。

 

 

 

自分のタイプはどのタイプだったでしょうか?
自分のの症状やシミが出来る仕組みを知って、正しい対策をしましょう。

 

シミが出来る仕組みはこちら